お役立ちブログ

床暖房は電気式と温水式どっちがいい?メリット・デメリットを解説

寒い季節でも朝からポカポカと快適な時間を過ごすために、床暖房の設置を考える家庭が増えています。
床暖房は大きく分けると「電気式」と「温水式」の2種類あり、それぞれ特徴が違います。
選ぶ床暖房によって、使ってみると「温まりが弱い」や「ランニングコストがかかる」など、デメリットに感じることでしょう。
今回は床暖房の設置で失敗しないために、電気式と温水式の違いや選び方を紹介します。

床暖房は電気式と温水式どっちがいい?メリット・デメリットを解説

床暖房「電気式」とは?

電気式床暖房とは、フローリングなどの床材の下にヒーター内臓のパネルを設置し、電気を流すことで床全体を温める方法です。

電気式をさらに細かく分類すると、「蓄熱式/非蓄熱式」「電熱線式/面状発熱体式」「PTC/CAT・FHT」があります。

種類 特徴
蓄熱式 夜間に熱を蓄え、日中電気を使う
非蓄熱式 床暖房を使う時だけ電気を使う
電熱線式 熱電線パネルを床下に設置して床を暖める
面状発熱体式 フローリング下に薄い面状のヒーターを入れて床を暖める
PTC 床下に設置したヒーターに一定の熱が加わると温度を自動調整する
CAT・FHT 0.4mmの薄いフィルムヒーターで床を暖める

電気式床暖房の種類によって、温度抑制や設置費用、メンテナンス性が違います。

電気式床暖房のメリット

・電気なので漏水の心配なし
・ヒーターが薄いから施工が早い
・環境に合わせて温度を自動調節
・温水式に比べて省エネ

電気式床暖房は、部屋の気温に合わせて温度を自動調節してくれるので、部屋全体が暖まりすぎる心配がありません。
また、低温ヤケドの防止や電気代の抑制につながるので、安心して過ごせます。

電気式床暖房のデメリット

・暖まるまで時間がかかる
・電気を使うので電気代がかかる

温水式に比べて、床全体が暖まるまでの時間が遅く、電気代がかかってしまうのがデメリットです。

床暖房「温水式」とは?

温水式床暖房とは、温水を流れるパネルをフローリングの下に設置し、床全体を暖めます。
「電気温水式」と「ガス温水式」の2つの方法で、温水を作ります。

種類 特徴
電気温水式 ヒートポンプなどを使って温水を作る
ガス温水式 ガス給油機を使って温水を作る

エコキュートを利用している住宅が電気温水式を使う場合、床暖房用のヒートポンプが必要です。

温水式床暖房のメリット

・電気式に比べてランニングコストが安い
・ふく射熱で部屋全体が暖まりやすい
・床が暖まるまで早い

電気とガス、どちらの温水式床暖房を使うかでメリットが違ってきます。
ランニングコストが気になるなら、電気よりガスの方が料金は安いでしょう。

温水式床暖房のデメリット

・初期費用が高い
・接地面積によってランニングコストがアップ
・熱電気が故障すると一定期間使用できない

温水式床暖房はお湯を使って床を暖めるため、漏水する可能性があります。
メンテナンスをしっかりしておくことで、大きなトラブルは避けられますが、別途費用がかかるのはデメリットでしょう。

床暖房「電気式・温水式」の違いを比較!

床暖房は電気式と温水式でメリット・デメリットが違います。
2つの違いについて、機能やコストなどを比較してみました。

電気式床暖房 温水式床暖房
初期費用 低い 高い
ランニングコスト 高い 低い
暖まり具合 部分的に冷たい箇所あり 床全体が暖かい
温度自動調節 あり なし
立ち上がり時間 遅い 早い
メンテナンス ほぼ不要 必要
耐久性 高い やや高い

2つの床暖房の大きな違いは、コストと機能面です。
電気式に比べて、温水式はお湯を流すためのパイプ設置など施工に手間がかかるため、初期費用は高い傾向があります。

一方、電気式はパネルヒーターを床下に設置するため、初期費用は低いのが特徴です。
ただ、ランニングコストを比較すると、電気で床を暖めるため、電気容量アップに伴う基本料金や電気代が高まります。
機能面もそれぞれ違うので、どちらを選ぶかよく考える必要があるでしょう。

床暖房は電気式がいい?正しい選び方とは?

電気式と温水式床暖房は、機能やコスト面に多少の違いがあります。
迷った時は、次のポイントを参考にしましょう。

・予算内で床暖房を設置できるか
・毎月のランニングコストに納得できるか
・漏水などメンテナンスの手間はないか
・家族みんなが快適に思えるか

床暖房の種類によって、メリットやデメリットが違います。
選び方は、木造や鉄筋どちらの住宅か、家族団らんの時間が多いかなど、住宅環境や生活スタイルによって変わってきます。

まとめ|床暖房を電気式にするか悩んだ時は相談を!

床暖房は電気式と温水式によって、メリット・デメリットが違います。
どちらを選ぶかは、設置導入の予算や月々のランニングコストでも変わってくると思います。
また、どのようなメリットを重視するかでも、選択は変わってくるでしょう。
床暖房の設置でお悩みや検討されている場合は、ぜひ一度ご相談ください。
費用予算や目的に合わせて、提案させていただきます。