お役立ちブログ

床暖房の工事費はどれくらい?費用相場をチェックしよう

床暖房があると足元からじんわりと暖かく、寒い朝に感じるあの憂鬱な気持ちから開放されて、快適な一日を過ごせます。
リビングやキッチンなど、よく利用する部分だけ床暖房を導入する家庭も増えていますが、気になるのは工事費用ではないでしょうか?
「床暖房は初期費用が高い」「電気代がかかる」というイメージも手伝い、リフォームするべきか悩む方も多いです。

そこで今回は、床暖房の工事費はどれくらいかかるのか解説します。
これから床暖房の設置を考えている方は、参考にしてください。

床暖房の工事費はどれくらい?費用相場をチェックしよう

床暖房は「電気式」と「温水式」の2種類

床暖房は現在、大きく分けると「電気式」と「温水式」の2つの種類があります。
どちらの床暖房を選ぶのかで工事費用は変わってくるので、まずは特徴とメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

電気式床暖房のメリット・デメリット

電気式床暖房は、熱源に電気を使用し、フローリング材や床材の下に電気ヒーター内蔵のパネルを貼って床を暖めます。

施工方法は、現在の床材をすべて剥がして電気パネルを設置する「張り替えリフォーム」と、床材の上に電気パネルを設置して新しくフローリング材などで仕上げる「直貼り(重ね貼り)」の2種類あります。

張り替えメリット デメリット
張り替え ・段差がなく今までと同じ暮らしができる

・熱伝導率が直貼りより高い

・工事費用が高い

・断熱材を設置する工事が必要な場合あり(追加工事)

直貼り(重ね貼り) ・工事費用が安い

・工期が短い

・現在の床より分厚くなる(床の高さが変わる)

・マンションは規約によって工事不可が多い

それぞれのメリット・デメリットはありますが、電気式床暖房は温水式に比べて工事費が安いのが特徴的です。

また、熱源が電気なので漏水の心配がなく、定期的なメンテナンスはほぼ不要です。
床の張り替えや直貼り、どちらの施工方法を選ぶかで費用は変わりますが、トータルコストは抑えられるので、予算内で面積を広く施工できるケースが多いでしょう。

温水式床暖房のメリット・デメリット

温水式床暖房は、熱源に温水を使用し、床下に張り巡らせたパイプ間をお湯が循環して暖める方法です。

お湯は、電気やガス、別置きボイラーによる石油などから沸かします。

メリット デメリット
電気 ・電気量を抑えてお湯を沸かす

・自動制御などムダな発熱防止

・熱源機の設置が必要(エコキュートやヒートポンプなど)
ガス ・給油と暖房共通の給油器あり

・工事費用が安い

・ガス会社によってランニングコストが高い

・熱源機の設置が必要

灯油 ・広い面積に対応可能

・電気よりもランニングコストが安い

・こまめな給油が必要

温水式床暖房は、どの熱源でも電気式よりもランニングコストが安く、設置した部分をムラなく暖めるのが特徴的です。

電気式は、つなぎ目部分だけ暖まらないというデメリットがあるので、「部分的にひんやりとした床を作りたくない、広い面積で床暖房を設置したい」という場合は、温水式がおすすめです。

床暖房の工事費はどれくらい?

床暖房の工事費用は、電気式と温水式どちらを選ぶかで違います。

電気式床暖房の工事費目安:30万~60万円
温水式床暖房の工事費目安:60万~80万円

床を全面張り替えるか、重ね貼りするかでも費用は大きく変わります。
また、張り替えする場合、床下に断熱材が入っていないと追加工事が必要なので、プラス請求となるでしょう。

床暖房は熱源機を新しく設置する必要があるため、導入費として25万~100万円を見ておきましょう(選び方によって変わります)。

床暖房は工事費以外にランニングコストも要チェック

床暖房は工事費だけではなく、ランニングコストもよく考えて設置するようにしましょう。

上から、ランニングコストが高い順で紹介します。

1.電気ヒーター
2.プロパンガス
3.都市ガス
4.灯油
5.ヒートポンプ
6.エコキュート

床暖房を設置する面積が広いほど、光熱費もかかります。
熱源が電気の場合、深夜帯は電気料が割引というプランもあるので、使用時間だけではなく使用時間帯に合わせて、どの熱源が家庭に合っているのか選ぶのもポイントです。

また、床暖房は光熱費の他、メンテンナンス費も考えなくてはいけません。

床暖房の耐久性は住宅と同じといわれており、商品によっては30年と長いタイプがあります。
ただ、電気式床暖房に比べて温水式床暖房は、パイプからお湯が漏れる可能性が高く、定期的にメンテナンスが必要です。
床暖房は一度施工すると再リフォームが難しいため、安全性と耐久性に優れた商品を選びましょう。

まとめ

床暖房の工事費は、施工面積や施工の種類によって大きく違い、目安は30万~80万円と幅広いのが特徴的です。
施工状況によっては、100万円以上かかる家庭も珍しくありません。

また、工事費の他にランニングコストもかかってくるので、床暖房は設置後まで考えてくれる業者へ相談すると満足できます。
床暖房の設置や困りごとがありましたら、ぜひ当社へご相談ください。