お役立ちブログ

育成光線とは?効果や健康への影響は?

暖房器具といえば遠赤外線ヒーターなどが有名ですが、遠赤外線の中ある「育成光線」が健康に良い影響を与えることをご存知ですか?

赤外線ヒーターは温風を対流して暖めるのではなく、「伝導熱、対流熱、ふく射熱」によって暖めます。
サウナや焚き火などをすると、体がじんわりと暖かさを感じると思いますが、それも遠赤外線の効果です。

育成光線は、私達が健康を保ったり成長したりするのに欠かせない赤外線です。
今回は、育成光線の特徴や健康に欠かせない効果などについて、詳しく解説します。

育成光線とは?効果や健康への影響は?

育成光線とは?

育成光線は赤外線の中の一種で、赤外線の中で一番健康に良い光と呼ばれています。

赤外線は細かく分類すると、「近赤外線(0.75μm(ミクロン))、中赤外線(1.5μm~3.0μm)、遠赤外線(3.0μm~1000μm)」に分類されます。
育成光線は遠赤外線のひとつで、遠赤外線の中でも熱効率の大きい「8.0μm~14.0μm」の波長に当たります。

赤外線の中でも遠赤外線は、熱吸収率が高いことで知られていますが、育成光線はさらに皮膚への熱吸収率や電波の透過性が高いのが特徴です。

育成光線は健康に影響ない?

赤外線は電磁波の一種で、紫外線やマイクロ波、電波などと同じ光エネルギーです。
電磁波と聞くと「体に悪影響を与える」とイメージする人も多いでしょう。

実際に、紫外線を浴びすぎると肌はヤケドのような症状を引き起こすケースも多く、あまり良い印象はありません。
遠赤外線も電磁波ですが、私達の体の分子と波長が似ていて、その中でも育成光線は体に吸収されやすい光エネルギーなのです。

育成光線についてNASAが研究報告

育成光線と人体への影響に関して、1981年にアメリカ航空宇宙局「NASA」が研究した結果を報告しています。

研究では、「赤外線の中でも育成光線は、生体の退社や成長、育成に必要不可欠である」と発見しました。

実際に、体の分子は9.6μmの波長の電磁波を発して、生体電流を作っています。
体の分子と育成光線が共鳴することで、成長を促すと考えられます。

目には見えませんが、私達の体からも微量ですが遠赤外線を発しています。
育成光線は、体に害を与えるどころか、健康面を高めてくれる光エネルギーといえるでしょう。

育成光線は赤外線の中で一番暖かいの?

電磁波の中でも一番、体を温める効果の高いのが遠赤外線です。
さらに育成光線は人体の分子の波長に似ていることから、体の内側から暖かさを感じるのです。
体の分子は9.6μmの波長の電磁波を発していると伝えましたが、36.5℃~37.0℃の有機物から発する波長なので、体温が低下したり上昇すると体は不調を感じたりします。

例えば、お腹が痛い時に手で撫でると痛みが和らいだり、腰が痛い時に手でさすると改善したりなど、手を当てるだけで状態が良くなった経験はありませんか?
少し手を当てただけで気持ちが落ち着くのは、体から発する育成光線が共鳴作用による効果が関係しているとも考えられているのです。

育成光線の効果は?

育成光線は電磁波の中でも私達の体の分子と波長が近く、体の内側へ光エネルギーが作用するため、健康面ではさまざまな効果が期待できます。
どういった効果が得られるのか、チェックしておきましょう。

新陳代謝の活性化

育成光線には新陳代謝の促進効果があります。
新陳代謝は加齢に伴って低下し、また生活習慣やスタイルによっても悪化します。
「30代になったらシミが目立つ」や「ほうれい線やケガの痕が目立ってきた」なども、新陳代謝の低下が関係していると考えられます。

血流の流れが改善

育成光線は体の内側から暖める働きがあるのですが、体温が上がるということは血液の流れが良い証拠でもあります。
血行が良くなると体内の隅々まで栄養や酸素を運ぶので、髪の毛のハリ・ツヤや手足や足先の冷え性緩和など、体に良い影響を与えるでしょう。
また、血行促進すると、肩こりや腰痛など体の疲労回復も早まります。

免疫力アップ

体温が1℃下がると免疫力は30%低下するといわれ、体にはさまざまな症状を引き起こします。

・風邪やインフルエンザなどウイルス感染しやすくなる
・ストレスが溜まりやすい
・食中毒にかかりやすい
・歯周病を患いやすい
・肌トラブルが多くなる
・ガンの発症率が高まる など

免疫力低下は、あらゆる健康に影響を与えます。
体が弱っていると、ウイルスやガン細胞から体を守る働きが弱まるため、健康を取り戻すまで時間がかかってしまいます。

さらに免疫力低下は、血行不良や新陳代謝の低下にもつながるため、育成光線で体を内側から暖めて免疫力を高めましょう。

まとめ|育成光線の効果で体の冷えから守ろう

育成光線は体の分子波長に一番近い波長のため、熱吸収率が高く体の内部からじんわりと暖かさを実感できます。

当社では、育成光線をふく射する、遠赤外線炭素繊維面状ふく射シートを使った暖房商品を扱っています。
快適な冬を過ごすためにも、生活に遠赤外線効果を取り入れてみませんか。